先輩社員のストーリー

先輩社員のストーリー[入社4ヵ月 井村 晋平(26)本店 社員]

入社4ヵ月 井村 晋平(26)本店 社員

ちょっと遠回りしたけど、僕の夢はここからはじまる——。

何となく進学した大学は、やりたいことが見つからず中退した。でもそのあと、理学療法士という夢に出会って医療系の専門学校に入学。勉強はかなり大変だったけど、夢の実現に向けて頑張ることができた。当時、孝兄社が展開していた「つけ麺マン」でアルバイトしていたことも、勉強にいい影響を与えていたと思う。と言うのも、「つけ麺マン」でのバイトは本当に楽しくて、勉強漬けの日々のいい息抜きになっていたから。息抜きという言い方をすると遊び半分みたいに聞こえるけど、決してそうじゃない。みんなお客様のために真剣に働いていた。だからこそ、本当に楽しかった。

やがて実習などで学校が忙しくなって、泣く泣くバイトを辞めることに。でも、勉強に打ち込めば打ち込むほど、『飲食で働きたい!また孝兄社で働きたい!』という想いが湧きあがってくる。その想いは日に日に強くなっていき、理学療法士の夢を諦めてでも飲食に戻りたいとまで思うようになった。気持ちを抑えきれなくなった僕は、高松社長に電話を掛けた。アルバイト時代から社員にならないかと声を掛けてもらっていたこともあり、そのまま孝兄社に入社。そして僕は、麺匠たか松の四条店に配属された。先輩社員のストーリー[飲食の楽しさが忘れられず、アルバイトから正社員へ。]

まずは、つけ麺やラーメンの作り方から接客のノウハウまで、ひと通りの基本業務を丁寧に教えてもらう。周りの社員さんが色々と助けてくれたり、気を掛けてくれたりするので、麺匠たか松での仕事にもすぐ慣れることができた。バイト時代の経験を活かして、このまま何の問題もなくやっていける。そう思っていた矢先、ある社員さんから注意を受けた。自分では意識してなかったけど、この年齢になるまで社会人を経験していなかった僕には、どこかにバイト気分の甘えた気持ちがあったのだ。それをちゃんと指摘して、意識を変えてくれた社員さんには感謝している。思ったことは気兼ねなく何でも言い合う。そんな空気が孝兄社にはある。それは社員と社長の間でも同じで、気軽に意見を言えるし、言えば必ずフィードバックがある。すべては自分次第。挑戦した分だけ成長できる環境が、ここにはある。今は自分がどこまでやれるのか、ひたすら上をめざして頑張ってみようと思う。

ちょっと遠回りしたけど、僕の夢はここからはじまる——。

飲食の楽しさが忘れられず、アルバイトから正社員へ。

先輩社員のストーリー

先輩社員のストーリー[入社4ヵ月 井村 晋平(26)本店 社員]

飲食の楽しさが忘れられず、

アルバイトから正社員へ。

入社4ヵ月 井村 晋平(26)本店 社員

ちょっと遠回りしたけど、僕の夢はここからはじまる——。

何となく進学した大学は、やりたいことが見つからず中退した。でもそのあと、理学療法士という夢に出会って医療系の専門学校に入学。勉強はかなり大変だったけど、夢の実現に向けて頑張ることができた。当時、孝兄社が展開していた「つけ麺マン」でアルバイトしていたことも、勉強にいい影響を与えていたと思う。と言うのも、「つけ麺マン」でのバイトは本当に楽しくて、勉強漬けの日々のいい息抜きになっていたから。息抜きという言い方をすると遊び半分みたいに聞こえるけど、決してそうじゃない。みんなお客様のために真剣に働いていた。だからこそ、本当に楽しかった。

やがて実習などで学校が忙しくなって、泣く泣くバイトを辞めることに。でも、勉強に打ち込めば打ち込むほど、『飲食で働きたい!また孝兄社で働きたい!』という想いが湧きあがってくる。その想いは日に日に強くなっていき、理学療法士の夢を諦めてでも飲食に戻りたいとまで思うようになった。気持ちを抑えきれなくなった僕は、高松社長に電話を掛けた。アルバイト時代から社員にならないかと声を掛けてもらっていたこともあり、そのまま孝兄社に入社。そして僕は、麺匠たか松の四条店に配属された。

まずは、つけ麺やラーメンの作り方から接客のノウハウまで、ひと通りの基本業務を丁寧に教えてもらう。周りの社員さんが色々と助けてくれたり、気を掛けてくれたりするので、麺匠たか松での仕事にもすぐ慣れることができた。バイト時代の経験を活かして、このまま何の問題もなくやっていける。そう思っていた矢先、ある社員さんから注意を受けた。自分では意識してなかったけど、この年齢になるまで社会人を経験していなかった僕には、どこかにバイト気分の甘えた気持ちがあったのだ。それをちゃんと指摘して、意識を変えてくれた社員さんには感謝している。思ったことは気兼ねなく何でも言い合う。そんな空気が孝兄社にはある。それは社員と社長の間でも同じで、気軽に意見を言えるし、言えば必ずフィードバックがある。すべては自分次第。挑戦した分だけ成長できる環境が、ここにはある。今は自分がどこまでやれるのか、ひたすら上をめざして頑張ってみようと思う。

ちょっと遠回りしたけど、僕の夢はここからはじまる——。